TOYOTA HARRIER  後期MODEL DAA-AVU65/DBA-ZSU60W/65W/DBA-ASU60W/65W 2017.6~201407300352161.gif

  • Gallery
  • Price List
  • 開発日記
  • Blog Entry

Photo Gallery フォトギャラリー

只今準備中です。



元祖ラグジュラリーSUVが貫く本質をさらなる高みへ。





ROWENがプロデュースするSUV用ボディキットブランド「SV PREMIUN Edition」に60ハリアー後期モデル用が加わりました。


コンセプトはROWENが設立当初から提唱してきた「アグレッシブ&ラグジュアリー」を踏襲。それを最大限に表現すべく、新作であるフロントハーフスポイラー、リアアンダースポイラーともに彫りが深く、メリハリもあるものとして完成させました。


フロントハーフスポイラーのセンター下部にはSUVらしいディテールをデザイン。力強さ、ハードさ、ダイナミックさを表現しています。



また、前期モデル用では大小2サイズのLEDを用い、片側2箇所ずつに分けてインストールすることでラグジュアリーなイメージを高めましたが、この後期モデル用では片側2つずつのLEDを縦に配列。この部分だけを見るとシンプルですが、その上のデイライトとの相乗効果により、大きく自己主張できるよう工夫しています。



左右に付くフロントガーニッシュはデザイン上のワンポイントであるだけでなく、間延びしがちなSUVのラインを引き締める効果も持たせました。これにはクロームとブラッククロームの2タイプをご用意。お好みに応じてチョイスしていただけます。




2018年のROWENを代表するデザインのひとつがリアアンダースポイラーのダブルディフューザー形状です。ROWENのアイテムは塗り分けを楽しんでいただけることが特徴のひとつですが、特にこのリアアンダースポイラーは塗り分けをすることによってディフューザーの存在感を引き立てることが可能であり、有益なパーツです。




フロントハーフスポイラーのボリュームに負けないサイドステップ、60ハリアーの流麗なシルエットをさらに強調する左右セパレートタイプのリアルーフスポイラーやリアゲートスポイラーは前期モデル用と共通です。




もちろん、「ROWEN」のもうひとつの代名詞であるオリジナルエキゾーストシステム『PREMIUM01S』もご用意。レクサスIS FRC FGS Fのような台形形状を採用したテールピースの配置がリアアンダースポイラーのディフューザーを強調し、スポーティな雰囲気をさらに高めます。



また、テールピースはステンレス製のほか、チタン製、カーボン製もご用意。サウンドは心地良いものながら加速騒音認証を取得しているため、車検も問題なくクリアします。




SV PREMIUN Edition」で随一の人気を誇る60ハリアー。この後期モデル用ボディキットは60ハリアーが本来持っている「元祖ラグジュアリーSUV」としての本質を見極め、その独自性を貫くものとして完成させました。













Top